1. ホーム
  2. キャンペーン
  3. 【2月のメンテナンスキャンペーン】スロットルボディ清掃キャンペーン

キャンペーン

【2月のメンテナンスキャンペーン】スロットルボディ清掃キャンペーン

春にそなえて愛車のメンテナンスその3

電子制御されているので普段のメンテナンスはまったく不要なフューエルインジェクション。とは言っても空気+ガソリン=混合気が通過する以上、汚れが発生すれば徐々にバランスはくずれてきます。
「なんだか最近アイドリングがばらつく」「始動直後が安定しない」
なんて症状が出始めたら、スロットルボディ清掃がおススメです!

キャンペーン期間:2月29日(土)まで

キャンペーン詳細

黄色く囲った部品がインジェクションのスロットルボディ部分。4気筒のYZF-R1なので4個です。赤枠の中の金色の部分がスロットルバルブで、スロットルグリップを回すことでこのバルブを開閉させて混合気の量を変化させてます。

【Before】
1万キロ走行のスロットルボディ内部。いわゆるスロットルバルブがめいっぱい開いた「全開」状態です。奥にはインテークバルブが見えます。
付着している黒いものがガム質やワニスと呼ばれる「汚れ」です。「汚れ」が多くなるとバルブの動きがスムーズでなくなることも。

【After】
清掃するとこんな感じです。ここまでキレイになれば動き・調子に問題ありません。
始動直後イマイチ安定しないな、とかアイドリングが不安定かな等々、低回転域での不調の原因はここ!なんてことも多いのです。
そのため当店では定期的なメンテナンスをおすすめしています。

4気筒モデル:YZF-R1/R6、MT-10、FZ等
スロットルボディ清掃のためにエアクリーナーボックスを取り外す必要があるため、同じくエアクリーナーボックスを取り外すスパークプラグ交換時に追加作業しちゃうのがおススメです。追加作業工賃は4,000円(税別)でOK!
MT-10では定期点検時プラグ交換工賃4,800円+4,000円=8,800円(税別)です。

3気筒モデル:MT-09、TRACER、XSR900
スロットルボディが汚れてくるとわかりやすくアイドリングがばらつく3気筒モデル。4気筒モデル同様にスパークプラグ交換時に追加作業しちゃうのがおススメです。追加作業工賃は3,000円(税別)でOK!
MT-09では定期点検時プラグ交換工賃3,600円+3,000円=6,600円(税別)です。

2気筒モデル:MT-07
スロットルボディ清掃のためにエアクリーナーボックスを取り外す際に、固定方法の違いから付帯作業が多いのが2気筒MT-07。その分作業工賃もちょっとお高めとなりますが、特に2気筒モデルではアイドリング時に差が出ますよ。
スロットルボディ清掃工賃8,000円(税別)です。

2気筒モデル:YZF-R25/R3
プラグ、エアクリーナーエレメント交換までは比較的容易なYZF-R25/R3ですが、エアクリーナーボックスを外すとなるとかなり大ごと。そのためまとめての作業をおススメしています。
スロットルボディ清掃工賃8,000円(税別)です。

2気筒モデル:MT-25/MT-03
プラブ、エアクリーナーエレメント交換までは比較的容易なMT-25/MT-03ですが、エアクリーナーボックスを外すとなるとかなりの大ごと。そのためまとめての作業をおススメしています。
スロットルボディ清掃工賃8,000円(税別)です。

単気筒モデル:セロー250、WR250X/R等
低回転域での不調=エンストに直結する単気筒エンジンではスロットルボディ清掃は定期的なメンテナンス項目とお考えください。エアクリーナーエレメント交換と同時のサイクルがおススメです
スロットルボディ清掃工賃5,600円(税別)です。

ページ先頭に戻る